【使い方】ブレスト>課題整理>解決案策定>プレゼンまでグループワークのすべてをMindMeisterで。

チームに与えられた課題に対して、次のような流れでワークを進めていきます。

「ブレスト>課題整理>解決案策定>プレゼン」

一連のプロセスを一気通貫にMindMeisterで行います。

①ブレスト

edu_web_voting

MindMeisterは、Googleドキュメントと同じように同時編集ができます(ログイン状態のメンバーは画面下にアイコン表示)。

最初はブレストし、アイデアを拡散させましょう。

②課題整理

アイデアを拡散したあとは、課題の整理です。

同じような情報はKJ法などでグループ化し、課題を体系的にまとめます。

③解決案策定

macbook-hangout@2x-778539150d48c472b64a707416941640

課題が整理できたら次はチームとしての解決案を考えます。

大切なプロセスですので、メンバー同士がリアルで会って意見を交わすのもよいでしょう。難しい場合は、Googleハングアウト上でMindMeisterを開きながらビデオ会議もできます。

④プレゼン

最後はプレゼンです。導きだした課題に対して、解決案を発表します。

プレゼンモードを使うことで、よりダイナミックな成果発表を行うことができます。

あらゆるプロジェクトに適用可能

この使い方は、なにも大学のゼミだけに限ったことではありません。会社でもNPOでも、ほとんどのプロジェクトに適用できます。

※より詳細な情報はこちらの記事を参照ください(英語)。

【参照】【動画】MindMeisterを教育現場でどのように使うのか?

 

MindMeisterで、アイデアを整理しよう。