【TIPS】ヨコ串で一発!「検索」機能を活用しよう

マインドマップをたくさんつくればつくるほど、整理しないと収集がつかなくなるものです。

MindMeisterは、管理画面でフォルダ分けができます。私もカテゴリごとにフォルダを作成して整理しています。

(参考:【TIPS】マップのフォルダ名の先頭に数字を入れると番号順に表示される

しかし、フォルダ階層が増えてくると、自分が見つけたいマップをさがすのに時間を要することも。そんなときは「検索」が役にたちます。

検索窓は、管理画面の右上にあります(冒頭画像を参照)。便利なのは、①マップ名だけでなく、②マップ内のテキストも拾ってくれるところ。

下に例を示していますが、この2パターンで検索が可能です。

①マップ名=「タイトルと説明」

たとえば『アイデア』というキーワードで打ち込むと、Enterキーをたたくまでもなく、検索結果が自動表示されます。

【TIPS】ヨコ串で一発!「検索」機能を活用する

②マップ内のテキスト=「コンテンツ」

次に、となりの「コンテンツ」をクリックすると、すべてのマップ内のテキストのなかで『アイデア』というキーワードをふくむマップが一覧表示されます。

【TIPS】ヨコ串で一発!「検索」機能を活用する

わざわざ整理しなくてもいい!?

もちろんユーザーによると思いますが、すべてのマップ内を横断的に検索できますので、わざわざフォルダ分けする必要はないかもしれませんね。

とくに「フォルダをつくったり、分類するのが面倒くさい!」という方とって、検索機能は重宝するかもしれません。

 

MindMeisterで、アイデアを整理しよう。