【TIPS】独自のロゴや壁紙でブランド効果を高める

MindMeisterで作成したマインドマップには、会社やサービスなどのオリジナルのロゴや壁紙を設置することができます(ただし、「プロ」プラン以上)。

事例 ①

環境分析をマインドマップで行うの使い方で紹介したスタバの「壁紙」のマインドマップです。

【使い方】SWOT分析(環境分析)をマインドマップで行う

事例 ②

こちらは「ロゴ」と「壁紙」を設置したマップの例。Evernoteのイベント時に、実際に使用されたプレゼン資料です。

【TIPS】独自のロゴや壁紙でブランド効果を高める

ロゴを設置すると、管理画面の右上にも反映されます。

【TIPS】独自のロゴや壁紙でブランド効果を高める

ちなみに「壁紙」はマップごとに個別に設定できますが、「ロゴ」は統一された一つのみです。

プレゼンの場で効果を発揮

ロゴと壁紙、これらをうまく組み合わせることで、とくに対外的なプレゼンの場などでは、よりブランド効果を高めることが期待できます。

もちろんプレゼン時は、「プレゼンモード」で!

【参照】MIndMeisterプランと料金

 

MindMeisterで、アイデアを整理しよう。